50万円 融資

キャッシングフリーで使い道自由自在

> 50万円融資を受ける場合

50万円融資を受ける場合

特に大手の消費者金融や銀行、銀行と提携している金融業者などの場合、
数百万円単位の高額なキャッシングも利用可能になっています。

ただし、銀行以外の金融機関から借り入れをする場合には、
総量規制といって年収の3分の一までの融資しか受けることができないようになっています。

したがって、50万円融資を受けるためには、年収が150万円以上あり、
他社からの借り入れがないことが条件となってます。
一方、年収が300万円あり、既に50万円融資を受けている場合には、
追加で50万円融資を受けることが可能ということになります。
実際は審査次第という面があるため微妙なラインにある場合は仮審査を
するのが手っとり早いかと思います。

限度額の兼ね合い知識が面倒なら初申込の場合に限りますがカードローンを選択しておいたほうが何かと楽かと思います。

キャッシングの手続きは簡単、申込窓口と準備するもの

昨今キャッシングの申し込みは非常に手続きが簡単になってきました。、
申込方法としては一昔前の店舗でも勿論可能ですがスマホ経由でキャッシングの申込
行えるようになったためこれが主流ではないかと思います。
ネット経由、実店舗経由で気軽さは多業種と比べても非常に充実しています。

用意する書類は本人確認書類としての免許証や住基カード、パスポートなどの
どれか一つとなってます。

年収に関しては、申し込み時に大体の金額を記載しなければなりませんが、
少額の借り入れの場合には、特に証明書等の提出は必要とはなっていません。

この場合、証明書の提出が必要ないからといって、虚偽の申告をすることは避けましょう。
なぜなら、信用情報機関への照会によって虚偽の申告はわかってしまうことがほとんです。
こうなってしまうと、正直に申告していれば問題なく審査に通過できる方でも、
虚偽の申告のために審査に通過できなくなってしまいます。

50万円融資を受ける場合、またはこれ以上の金額を借り入れる場合には、
本人確認書類に加えて所得を証明するものも用意しなければならない
というのが一般的です。
これは、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などのうちいずれか一通を
提出すればよいとされており、これで年収を確認したうえで、
融資を実行するという流れになります。借入金額が大きくなるとどうしても所得の確認が必要になってきます。返済能力を確認するためにですね。

したがって、条件をクリアしている人でも、申し込みをするときには
これらの書類を用意しておきましょう。